//--------------------------------------------- //文字の開閉 続きを読む //---------------------------------------------

50代 シミ 消す

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

 

シミやシワが多い50代女性もいる一方、シミが見当たらない、白く透明感のある肌で若くみえる50代女性もいますよね。

 

もともとの肌質もありますが、透明感をキープしている女性は、美白と保湿を徹底しているという共通点があります。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、透明感のある・なしで、人に与える印象の差は大きいもの。コンシーラーなしでも、透き通るような肌を目指し美しい50代を過ごしていきましょう。

 

目次
  1. 50代女性が悩むシミの特徴について
  2. 50代のシミ対策に!「美白化粧品」の選び方ポイント5つ
  3. 50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品
  4. 50代のシミはなぜ消えにくい? 
  5. 50代のシミをこれ以上増やさないために
  6. 美白化粧品は1年中使った方が良い?

50代女性が悩むシミの特徴について

50代のシミの多くは「老人性色素班」

50代のシミで最も多いのは、老人性色素班。別名、日光黒子といわれるように、日光(紫外線)によるものです。若いころは日光を浴びても即シミにはならないですが、蓄積され、さらに加齢と伴にターンオーバーが遅れるとシミとして表面に現れます。そのため、「老人性色素班」という名前で呼ばれるんですね。

 

老人性色素班のシミの特徴としては、薄い茶色〜茶色のシミで、比較的輪郭がくっきりしています頬、頬骨など顔の高い箇所に出来やすく、顔以外に手の甲やデコルテなど、紫外線をよく浴びる箇所に出来る事が多いです。

 

老人性色素班は大きく濃くなればなるほど、老けてみえてしまうのがやっかいな所。オススメのスキンケアは、メラニンを還元する「ビタミンC(ビタミンC誘導体)のような美白成分を取り入ることです。

50代半ばくらいまでは「肝斑」がみられる人もいる

そして30代〜50代半ばまでに見られるのが、「肝斑」です。肝斑は女性ホルモンが原因のシミで、特に第二子出産後に出来やすく閉経後に自然に治まります。

 

肝斑は、左右対称にモヤッと出るシミです。ほほ骨を中心に大きく、輪郭がはっきりしないのが特徴です。肝斑対策で有名な化粧品成分は、トラネキサム酸。その他の美白化粧品と組み合わせて、対策していきます。

「肌の濁り・くすみ」で老けてみえる50代女性も多い

シミは当然、気になるものですが、肌の濁りやくすみも忘れずに対策したいものです。というのも、肌の透明感が失われると、シミ同様、老けて見えるんですね。

 

肌の濁り・くすみの対策はいくつかありますが、基本となるのが「保湿」です。十分に潤った肌は、ターンオーバーをうながしゃすく、濁りやくすみが滞りにくくなります。

 

50代のシミ対策に!美肌を演出する「美白化粧品」の選び方!ポイントは5つ

50代の「美白化粧品」の選び方をまとめると
  1. 普段使いにはビタミンC誘導体入りのものを1つ取り入れる
  2. しつこいシミには「ハイドロキノン」入り化粧品が良い
  3. 肝斑には「トラネキサム酸」化粧品を
  4. 保湿不足はシミの原因に!保湿力は必須
  5. 選ぶのに迷う場合は「医薬部外品」を。国から認められているので安心

\50代のシミにおすすめ美白化粧品をみる/

 

@おすすめは「ビタミンC誘導体」を1つ取り入れる

美白成分は多数ありますが、どれか1つ選ぶなら「ビタミンC(ビタミンC誘導体)」です。

 

というのも、美白成分の多くは「シミを防ぐ」働きをするのですが、ビタミンCは、シミを防ぐ事に加えて、出来てしまったメラニンを還元する働きもあるので、すでにあるシミにも使えるからです。

 

続きを見る


ビタミンCは他にもくすみ、ニキビ、シワ、毛穴・・・と肌トラブルの多くに使える優れた美白成分です。ただし、ビタミンCは壊れやすく不安定なので化粧品に配合してもなかなか効果が発揮しづらいという欠点もあります。また、ビタミンCを直接肌につけても浸透しにくいこともわかっています。そんな壊れやすいビタミンCを人工的に改良して皮膚に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体という成分です。

 

ビタミンCを誘導体にしたものは皮膚への浸透力が高く、皮膚に浸透してから内側でビタミンCに変化するもの。化粧水には水溶性のビタミンC誘導体を、クリームには脂溶性のものを配合するようにしています。

 

ビタミンC誘導体は、安全性が高い上に、多くの悩みに対応しているので、とても使いやすい美白成分の1つ。肌の真皮でコラーゲンの生成にも働きかけるので、シミだけでなくシワやたるみにも効果的です。ビタミンC誘導体は、年齢肌に悩む50代にはぴったりの成分ですから、普段使いの化粧水やクリームにはぜひともビタミンC誘導体配合のものを使ってみましょう。

 

ビタミンC誘導体入りの化粧水を1本持っていると、日焼け後のお手入れにも気持ちよいですよ。

A濃くてしつこいシミには美白成分「ハイドロキノン」

ハイドロキノンは、シミの漂白剤と言われるほど強い作用のある美白成分です。美容皮膚科でのシミ治療でもよく使われます。ハイドロキノンの美白効果はビタミンCやコウジ酸、アルブチンと比べると約10倍から100倍で、普通の美白化粧品では効果を感じない、という方はハイドロキノン入りのものを使ってみるとよいでしょう。

 

続きを見る


メラノサイトそのものを減らして、還元作用によりメラニンの色を薄くし、黒色メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。ハイドロキノンがよく効くシミは、老人性色素斑、そばかす、炎症性色素沈着、肝斑なので、50代で多いとされる老人性色素斑にはおすすめです。

 

ハイドロキノン入り美白化粧品を選ぶ際の注意点は、安全性と効果です。まず、濃度は4%以下のものを選びましょう。通販で5%以上の濃度のものを売っているメーカー(特に輸入品が多い)もありますが、5%濃度だと動物実験で発がん性の報告もあり、医師の処方の元、使用しないと危険です。

 

安全かつ効果的に使えるハイドロキノンは2〜4%が目安です。そして配合率が高いものを使う時は、パッチテストをしてからの方が安心です。ハイドロキノンのクリームを使っていると肌が乾燥しやすくなるので、保湿もしっかり行うようにすることが大切です。

 

なお、当サイトでも安全に使えるハイドロキノンクリームをご紹介しています。

B肝斑には美白成分「トラネキサム酸」

女性ホルモンの影響で出来るのが肝斑です。30代、40代〜50代半ばくらいにかけてみられます。閉経後には収まるのが特徴です。肝斑に、ビタミンCやハイドロキノンも使えますが、特にトラネキサム酸が肝斑には効果的です。

C肌のターンオーバーを正常に導くために「保湿力」は必須

肌が乾燥していると、シミ、くすみ、濁りが悪化します。ターンオーバー不調で滞ってしまうからです。美白効果を高めるためにも、保湿できるものを選んでください。

 

代表的な保湿成分
セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸など

D選ぶのに迷うなら「医薬部外品」を参考にするのもあり

美白化粧品は多くて選び方が分からない場合、「医薬部外品」を参考にするのも良いでしょう。

 

医薬部外品とは、国(厚生労働省)から承認された成分を、一定の濃度で使用しているものなので、不安なく使える点がメリットです。

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

アスタリフトホワイト/富士フイルム(医薬部外品)

シミが繰り返しできる50代の肌の土台を整える

シミ 肝斑 くすみ・にごり 保湿 低刺激

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

  1. 先行美容液が、化粧品成分を長時間キープできる状態に!
  2. ビタミンCの6,000倍もの抗酸化力のあるアスタキサンチンが肌老化に良い
  3. 枯れ肌でも一日潤う高保湿美白化粧水はMAQUIA美白・UVグランプリ2017で1位!

美白成分:ビタミンC誘導体、アルブチンなど
続きを見る


その他(保湿、肌荒れ成分など):アスタキサンチン、Wヒト型セラミド、リコピン、3種のコラーゲン、グリチルリチン酸ジカリウム、ナノAMA+、海藻エキス、ナノオリザール、酵母エキス、マロニエエキス、アンズ果汁、メマツヨイグサ種子エキス

 

トライアルセット内容(基礎化粧品)
先行美容液(ジェリーアクアリスタ)、美白化粧水(ブライトローション)、美白美容液(エッセンスインフィルト)、美白クリーム

 

  • 高い美白化粧品を使っても、肌が明るくならない
  • 化粧品成分が塗ってもすぐに逃げてしまうみたいで、肌がカラカラ
  • シミだけでなくシワやたるみ、肌全般の老化が気になる
  • シミが繰り返しできる

こんな50代におすすめしたいのが、富士フイルムのアスタリフトホワイト。化粧品成分が効きにくくなった肌に、セラミド、ビタミンC誘導体、アスタキサンチン等が配合された先行美容液「ジェリーアクアリスタ」が肌の土台を作ります。土台によりその後の美肌をキープするから、スキンケアしても美白効果がなかった、シミが繰り返しできる、という人に特にぴったりです。

 

アスタリフトホワイトが他の美白化粧品と異なるのは、紫外線の影響によるコラーゲン繊維の変性を防ぐ、「アスタキサンチン」を配合している事です。アスタキサンチンは、エビやカニ、鮭などに見られる「天然の赤色色素」のこと。老化に対抗する抗酸化力が高く、なんとビタミンCの6,000倍ものパワーがあり、シミだけでなくシワやたるみ、毛穴など加齢によるトラブル予防全般に使えるので、止まらない「老け」に悩む人の強い味方に。

 

アスタリフトホワイト化粧水は塗った感触は、みずみずしく爽やか。べたつく夏でも気持ちよく使え、潤いがずっとキープできるので、乾燥肌が冬に使う事もできる一本です。

 

美容液は、植物成分のAMA(ツボクサエキス)をナノ化させ、皮膚の奥でくすぶっているシミの根元にアプローチ。失われがちな50代の肌の土台を整えながら、徹底美白と優しさを両立させる、贅沢な美白コスメです。

 

アスタリフトホワイトの口コミ

翌朝から肌の明るさを感じるほど、私にはあっていました。どんよりしてチークでカバーしていた顔色が、何段階か変ったみたいです。美白が効かないという人ほど、効果を感じやすいのではないでしょうか(混合肌)

 

ゴミ出しなど、UVケアせずに行ってうっかり日焼けする事が多いのですが、アスタリフトホワイトを使い始めてから、焼けにくくなった気がします。肌がとてもクリアになり高保湿感もあるので、使いやすいです。(乾燥肌)

 

アスタリフトホワイトを安く買うには?

アスタリフトホワイトにはお試し用に安く買えるトライアルセットがあります。トライアルセットは楽天やアマゾンでも買えますが(1,500円〜)、公式サイトが1,000円と一番安く買えます。

 

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル/新日本製薬(医薬部外品)/オールインワン

たったワンステップのスキンケアでクリアな素肌に

シミ 肝斑 くすみ・にごり 保湿 低刺激

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

  1. シミ、肝斑ケアができる製薬会社の美白オールインワンジェル
  2. 日本で一番売れているオールインワンブランド
  3. リフティングコラーゲンが、肌のたるみにも良い

美白成分:トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体
続きを見る


その他(保湿、肌荒れ成分など):リフティングコラーゲン、甘草エキス、紫根エキス、ヨクイニンエキスなど

  • シミや肝斑ケアをしたいけれどスキンケア代をかけられない
  • 朝は大忙し!オールインワンジェルで時短ケアをしたい

コスパ良く、時短スキンケアしたい50代に人気なのが、オールインワンスキンケア国内売上No.1のパーフェクトワンから出ている、薬用ホワイトニングジェル。普通のシミだけでなく肝斑のケアも可能です。

 

もともとオールインワンジェルは、美白ケアに適したスキンケア方法です。というのも、スキンケアが1回で済むので肌を触れる回数が少なくなり、摩擦を避けられるから。摩擦も色素性沈着によりシミの原因になります。

 

もし美白化粧水や美白美容液、美白クリームなど多くの美白アイテムを使っているのに、シミが増える一方という方は、一度、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのようなオールインワンタイプで、スキンケアする回数を減らして様子を見てみるのもよいでしょう。

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは、柔らかいクリームのようなテクスチャーで、塗るとみずみずしくお肌がぷるぷるに。7種類ものコラーゲンが、ハリ不足の50代の肌を土台から支え、美白だけでなくたるみやシワにも使えます。

 

乾燥肌の人は、薬用ホワイトニングジェル1本だと、もしかしたら潤いが物足りないと感じるかもしれません。そんな時は、お手持ちの化粧水を、薬用ホワイトニングジェル使用前に使うと、みずみずしい肌が続きますよ。

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの口コミ

産後にできた肝斑とシミに使っています。オールインワンだからそこまで高い効果を期待していたのではないですが、肌に透明感が出て、もやっとした肝斑の範囲が狭くなったように感じます。肌が跳ね上がるようなモッチリ感もでて、40代〜60代にかけて人気というのも納得です。(混合肌)

 

オールインワンは保湿不足、または高保湿だと圧迫感を感じる事が多いのですが、パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはエアリー感があり、みずみずしく潤いが続きます。ひどく日焼けした日に、パーフェクトワンを肌にのせると気持ちがよく、日焼けも悪化しにくいように感じます。(乾燥肌)

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルを安く買うには?

公式、アマゾン、楽天で買えますが、公式サイトからが、単品、定期購入関わらず一番安く買えます。(楽天、アマゾンは4,000円以上。公式は3,780円。定期便だと2,052円)

 

 

ブライトエイジ/第一三共ヘルスケアグループ(医薬部外品)

急激な50代の肌老化に打ち勝つ!製薬会社の美白

シミ 肝斑 くすみ・にごり 保湿 低刺激

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

  1. ロキソニン、ルルで有名な第一三共ヘルスケアの美白コスメ
  2. VOCE月間ランキング美容液部門1位
  3. シミ、肝斑、ハリ、シワなど全方位のエイジングケアに

美白成分:トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体
続きを見る


その他(保湿、肌荒れ成分など):リフティングコラーゲン、甘草エキス、紫根エキス、ヨクイニンエキスなど

 

トライアルセット内容(基礎化粧品)
メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液状美容液

 

2か月前と比べると、鏡の中の自分が別人のように老けている・・・

 

こんな急激な肌老化が気になる人に人気なのが、第一三共ヘルスケアグループからでている、ブライトエイジ。第一三共ヘルスケアといえば、肝斑治療薬のトランシーノ、頭痛薬のロキソニン、風邪薬のルルで有名です。

 

有名な製薬会社のスキンケアだけあって、使用している成分にはこだわりがあります。例えば、化粧水に使われる「水」には、水や塵などを取り除いた、純度の高い「超純水」を使用。まじりけのない状態なため、その他の美白成分や保湿成分が溶けやすく、効果も発揮しやすいんです。ちなみに、超純水を使用するのには管理や維持が大変で、採用している化粧品メーカーはほとんどありません。

 

ブライトエイジは、化粧水と乳液状美容液のたった2つだけのスキンケアですが、売り切れる事もあるほど人気が高いのは、シンプルケアながら、効果が出やすい、というSNSでの口コミで火が付いた事も理由の1つです。

 

ちなみに、乳液状美容液は、手に出すとクリームのようですが、肌につけるとみずみずしく、夜塗った翌朝は、肌がふっくらしますよ。

 

ブライトエイジの口コミ

アラフィフ世代の渡辺美奈代さんが愛用してるという事で使ってみました。肌に入れるたびに、どんどん肌がモチモチになり、明るくなるのがわかりました。家族から肌が綺麗と言われています。(乾燥敏感肌)

 

頬から口元にかけてかなり目立つシミと肝斑があり、トランシーノを愛用していましたが、50代間近になり、ブライトエイジに変更。トランシーノも良いですが、ブライトエイジは、よりシワやたるみに働きかけるので、年齢肌に良いと思ったからです。顔全体のくすみが、まるで雲が消えたようにクリアになり、キメが整ってきました。(混合肌)

 

ブライトエイジを安く買うには?

ブライトエイジは公式サイト限定で、トライアルセットの用意があります。ただしトライアルセットは期間限定なので、初めての方は、この安く試せるチャンスを利用してくださいね。

 

 

 

ビーグレン ホワイトケア

シミ消し治療に使われる「ハイドロノン」を安全に使える!

シミ 肝斑 くすみ・にごり 保湿 低刺激

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

  1. 浸透し続けるハイドロキノンが、根深いシミにアプローチ
  2. 返金保証付きで安心して試せる
  3. 1週間で効果を感じるひとも

 

美白成分:ハイドロキノン、ビタミンC、ビタミンC誘導体

 

続きを見る


その他(保湿、肌荒れ成分など):ポリアミン(ダイズ芽エキス)、ラミリン(アミノ酸)、ハイビスカス花発酵液、アップレビティ、アクアエクストリーム(ショクヨウダイオウ根エキス)、ホメオシールド、アッケシソウエキスなど

 

トライアルセット内容(基礎化粧品)
メイク落とし、洗顔料(クレイウォッシュ)、化粧水(QuSomeローション)、ビタミンC美容液(Cセラム)、ハイドロキノンクリーム(QuSomeホワイトクリーム1.9)、保湿クリーム(QuSomeモイスチャーリッチクリーム)

  • 化粧品ではシミが消えない
  • シミのレーザー治療でも行こうかしら

 

深刻なシミに悩む50代に人気が高いのがビーグレンのホワイトケア。お医者さんでのシミ治療でも使われる「ハイドロキノン」を配合したクリームが、特にしつこいシミに使えます。

 

ハイドロキノン配合化粧品は他にもありますが、他社とビーグレンの違いは、ビーグレンのハイドロキノンは1.9%と濃度が低く安全に作られているのに、長時間に渡って安全に浸透し続けるから、実質4%濃度のハイドロキノンと同じ効果があること。

 

ハイドロキノンは、シミに有効ですが、濃度が例えば5%になると危険(動物実験で発がん性の報告あり)、2%未満だと効果がないんですね。ビーグレンのハイドロキノンは特許を取得している浸透技術によって、ゆっくりと一晩かけて肌に浸透させるから、安全性と効果を両立させているのです。

 

その他、7.5%の高濃度ビタミンC美容液(通常は4%くらい)/Cセラムが、シミはもちろん、ハリ、シワ、毛穴、ニキビといった肌の様々な悩みに働きかけます。いつもコンシーラーでシミを隠していた人が、肌が綺麗になったと、リピート回数が多い美白化粧品です。

 

ビーグレンの口コミ

ニキビ跡の軽いシミは使用して5日くらいで変化がみられました。昔からある、頬にある楕円形のシミも薄くなったかも。トライアルセットが7日分ですが、ハイドロキノンクリームやビタミンC美容液はたっぷりあるので、2週間たってもまだ余っています。(脂性肌)

 

天然のクレイの洗顔料を使うとお肌がツルツル。化粧水もしっとりするので冬でも使いやすいです。ハイドロキノンクリームを2本使いましたが、顔色が明るくなりました。シミの形がかけてきているので、これからが楽しみです。(乾燥敏感肌)

 

ビーグレンを安く買うには?

公式サイト購入限定でトライアルセットの用意があり、また公式サイトからの購入であれば、使用後でも全額返金してくれるサービスがあります。試してみたいけれど、肌に合うかわからないから不安という方は、ぜひ利用してみてください。

 

 

 

リペアジェル/リソウコーポレーション/オールインワン

シミ 肝斑 くすみ・にごり 保湿 低刺激

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

  1. 水を含まない100%植物由来のオールインワン
  2. ピュアビタミンC配合で、シミとシワの同時ケアが可能

 

美白成分:アスコルビン酸(ビタミンC)
続きを見る


その他(保湿、肌荒れ成分など):グリセリン、リゾプス/コメ発酵エキス液、グルコシルヘスペリジン、カンゾウ根エキスなど

 

美容評論家や皮膚科医など専門家からの評価の他、20年以上に渡って売れ続けている、エイジングケア用美容液です。水を含まないので、美容成分が濃厚。肌につけた瞬間から、肌がじわっと暖かくなり潤いを感じます。ビタミンC誘導体よりも濃い「ピュアビタミンC」を配合しているので、深刻なシミの悩みに使えます。

 

ピュアビタミンCは、美肌に強いパワーをもたらす成分である一方、肌の乾燥を招くというデメリットもあるのですが、リペアジェルは保湿成分のコメ発酵生命体により、潤いも続くため、50代の乾いた肌にもしっとり使えますよ。

 

リペアジェルの口コミ

トライアルだけで、シミ、毛穴、シワ・・と老けが気になっていた部分が変わったように感じます。肌の内側からのハリとくすみ抜けが特に良いです。普段使いにも良いですが、やすくはないので、特別な日のためのスペシャルスキンケアに使いたいと思いました。

 

リペアジェルを安く買うには?

楽天やアマゾンでも買えますが、75%オフで買えるのが、唯一公式サイトから。また、公式サイトより購入した場合に限り、もし合わなかった場合には、全額返金保証もついているので、お試ししやすい美白美容液です。

 

 

 

ロスミンローヤル/クリームと薬のセット/医薬品(薬)・クリーム(医薬部外品)
シミ 肝斑 くすみ・にごり 保湿 低刺激

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品

  • 美白化粧品は散々試した。でも自分の肌には効果を感じない。
  • レーザーでシミ治療をしたけれど、再び出来てしまった

 

成分
美白:アルブチン、トラネキサム酸
続きを見る


その他(保湿、肌荒れ成分など):スクワラン、BG、ウメ果実エキスなど

 

レーザーでシミ治療をしたけれど、またシミが出来てしまったという方におすすめなのが、「シミ、小じわに効果アリ」と日本で唯一、厚生労働省に認められた、ロスミンローヤルというシミ用のお薬です。医薬品なので、化粧品とはやはり効果が違います。

 

レーザー治療しても、シミが次から次へと出来てしまうのは、肌の代謝機能が衰えているからです。ロスミンローヤルは、L−システインというアミノ酸の一種である成分が、皮膚の代謝を促し、シミを追い出す+出来にくい身体へと導きます。身体のめぐりを良くする漢方も含むので、肩凝りにも良いと口コミが多いんですよ。

 

ロスミンローヤルの口コミ

茶色い汚かった肌が透明感が出てモチモチに
40代になったら、一気にシミが出て小じわもひどく、40代後半ですでにお婆さんみたいでした。。。色々な化粧品を試してきましたが、肌の汚さは変わらず、このまま私は終わってしまうのかと思いましたが、こちらを使ってみたところ、半年かけて肌が綺麗になってきました。。!さすがに医薬品です。以前のようにおしゃれも楽しくなり、肌一つで印象ってすごく変るとつくづく思います。

 

ロスミンローヤルを安く買うには?

ロスミンローヤルを安く買うには、公式サイトのキャンペーン利用が一番安いです。初回限定で、10,400円も安く買えます。定期コース利用でも、回数縛りがないので1回でやめても可能。今なら送料はメーカー持ちになるので、安く買いたい人は要チェックです。

 

 

50代のシミはなぜ消えにくい? 

シミは、30代〜40代で発症する人が多い肌老化の1つ。50代のシミともなると、増えて大きくなるばかりで、消すのは大変という方も多いのではないでしょうか。

 

50代のシミ消しが難しいのは、「肌のターンオバー」の遅れによるものです。肌のターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わる事を指します。私たちの皮膚も常に新しい皮膚が生まれてきているんですね。このターンオーバーは、20代だと約28日という周期ですが、30代で約40日、50代で約75日・・・と、加齢と伴に遅くなります。遅くなると当然、生まれ変わるスピードも遅いので、若いころは、陽ざしを浴び得てもメラニンを排出できていたのが、だんだん排出しづらくなり、残ったメラニンがシミとなって現れ、それが居座ってしまうのです。

20代に比べるとシミが消えにくいのは当然。しかしケアが遅すぎるという事はない。

50代の肌は20代と同じ、というわけにはいかないので、シミが消えにくくなるのは、自然なことです。しかし、シミが消えない理由が「ターンオーバー」の遅れであれば、ターンオーバーを促すことで、シミケアはもちろん可能です。

50代のシミケアに必要な「ターンオーバー」を促すには

保湿

保湿とシミはあまり関係ないように思えるかもしれませんが、乾燥している肌はターンオーバーの不調を招きます。ターンオーバーが正常に働かないと、本来、肌バリアとして働く角質細胞が未熟なまま、どんどん生成されてしまうのです。すると、防波堤の役目をするはずの肌バリアが、スカスカで穴ぼこだらけの状態になってしまうので、保湿成分はどんどん肌から逃げやすくなり、反対に紫外線を肌内部に取り込んでしまい、シミが出来やすくなるんですね。保湿不足は肌にとって最悪、ともいえるんですよ。

 

対策としては、保湿力のある美白化粧品を選ぶこと。または、お使いの美白アイテムが肌を乾燥させるようであれば、他のスキンケアアイテムで保湿を補うようにしてください。

 

特に、シミにもよい「ビタミンC」は皮脂分泌を抑える働きもあるため、乾燥を招きます。ビタミンC美容液を使っているのなら、化粧水やクリームを保湿力の高いものに変えるなど、バランスよく肌を保湿できるようにしてください。

ピーリングはほどほどに

美白成分を浸透させるため、ピーリングと併用する方もいます。確かに角質が厚くなった肌はピーリングしてあげると、化粧品が浸透しやすくなるのですが、やりすぎるとターンオーバーを促進しすぎて、やはり未熟な細胞のまま作られ、肌のバリア機能が失われてしまいます。ターンオーバーの遅れを取り戻す事も大切ですが、それ以上、ターンオーバーを加速させすぎると、正常な肌機能が失われ、シミはもちろん肌荒れ、ひどい乾燥といった肌トラブルを招きやすくなるのです。

 

50代の方がピーリングを行うとしたら、丈夫な肌であれば、週に1回、乾燥肌は2週間に1回、敏感肌は敏感肌専用のピーリング剤で2週間に1回、と頻繁に行わないようにおすすめします。

血行不良はシミの大敵!レンジで温めるホッカイロで対策

肌のターンオーバーが遅れるのは、ストレスや眼精疲労、睡眠不足、そして栄養不足などからくる血行不良です。ストレスや睡眠不足を避けられるのが一番ですが、これはご自分でコントロールするのが難しいですよね。ここでおすすめなのが、電子レンジで温められるホッカイロを一つ常備する事です。寝る前に首元と鎖骨を温めてあげると、翌朝肌に透明感が出ることがあります。これは首回りが温められたことで、顔にも血流がめぐっているからで、ターンオーバーの遅れにも良いんですよ。

 

朝も同じように首や鎖骨周りをあたためると、さらに効果的です。お時間のある方は試してみてください。

50代のシミをこれ以上増やさないために

紫外線対策は1年を通して必ず行う。おすすめは紫外線散乱剤

1年を通して、紫外線対策は必ず行ってください。その際、おすすめなのは、紫外線散乱剤という紫外線吸収剤を使っていない、ノンケミカルの日焼け止めの使用です。

 

x 紫外線吸収剤
〇 紫外線散乱剤

 

紫外線吸収剤はドラッグストアなどにも売られている日焼け止めですが、皮膚の上で紫外線を吸収する化学変化を起こすものなので、肌に負担をかけるのです。逆に紫外線散乱剤は、文字通り紫外線を散乱させて跳ね返すものなので、肌への負担は少なくなります。日焼け止めとはいえ、クレンジング不要なものも多く、肌への負担は最小限に抑えられます。

 

おすすめ紫外線散乱剤日焼け止め

 

POLAホワイティシモ/SPF30、PA+++

  1. 子供でも使える優しいミルクタイプUVクリーム
  2. 5月以降は在庫切れになる事も多い人気シリーズ

ヴァントルテ(VINTORTE) ミネラルUVクリーム

  1. 自然素材100%のノンケミカル
  2. 肌に艶が出るUVクリーム

顔はしっかり紫外線対策をしても、身体の一部は紫外線にあてよう

シミだけでなくシワの原因にもなる紫外線ですが、全く紫外線に当たらない人が増えて、骨密度の低下がみられるとニュースでも話題になりました。紫外線にあたると、体内のビタミンDが生成されます。ビタミンDは骨の健康に欠かせないカルシウムの吸収に必要な栄養素。ビタミンDが足りないと、骨や歯がもろくなるんですね。

 

50代女性は、女性ホルモンの低下により骨粗しょう症リスクが高くなる年代です。健康面でもそうですが、顔の骨格を作る「骨」が衰えると、頬がそぎ落ちたように老けてみえる原因にもなります。ビタミンDの生成には紫外線にあたればよいのですが、顔にあてる必要はなく身体の一部でOKです。

 

手の甲もシミが出来やすいので、二の腕の内側など、目立たない部分を選びましょう。

 

長時間、強い日差しを浴びる必要はありません。春〜秋は、1日5分程度。冬は1日1時間程度。夏は朝や夕方など、陽ざしが優しい時間帯を選んで、浴びるようにしましょう。

美白化粧品は1年中使った方が良い?

美白化粧品は1年を通して使った方が、より高い効果を期待できます。

 

ただ、1年中使った方が良いかどうかは、人によるというのが正直なところです。

 

例えば、美白化粧品は通常の保湿化粧品よりは、刺激が強いものが多いです。(肌には優しい美白化粧品は数多くありますが、あくまでも保湿化粧品と比べての話しです。)

 

乾燥敏感肌の人が冬に美白化粧品を使って、肌の乾燥を招いたり刺激を受けるよりは、通常の保湿化粧品を使った方が、シミやくすみを防ぐ事につながります。先ほどもお伝えした通り、肌の乾燥は未熟な角質細胞を作るので、肌バリアが弱くなり、紫外線の影響を強く受けてしまうからです。

 

乾燥敏感肌の人が冬に美白をしたい場合は、ランキングでご紹介した富士フイルムのアスタリフトホワイトや、第一三共ヘルスケアグループのブライトエイジビーグレンのような保湿力の高い美白化粧品を選ぶようにしましょう。

 

また、シミの原因にもなる血行不良は特に寒い冬に起こりやすくなります。この時、身体の血の巡りをよくしたうえで、美白化粧品を使うなら良いのですが、身体が冷えたまま美白化粧品を使っても、高い効果は望めないでしょう。美白化粧品が効果がないのではなく、それを受け入れる身体が出来ていないと効果が半減してしまうのです。先にもご紹介した通り、ホッカイロを併用して特に顔周りの血行を良くし、美白化粧品を受け入れやすい肌に整えてからの使用をおすすめします。

 

まとめると
  1. 美白ケアは一年行ってもよい
  2. 肌の乾燥を招くのなら冬は保湿優先が良い
  3. または、保湿力の高い美白化粧品を選ぶ
  4. 血行不良は美白化粧品の効果を半減させる
  5. 身体が冷えている時は、ホッカイロの使用で顔周りを温めて

最後に|透明感のある肌で美しい50代を過ごそう

50代は20代や30代の肌と違い、すぐにシミを消せる、というわけではありませんが、お手入れ次第で透き通るような美しい肌をキープする事は可能です。50代、60代と年齢を重ねていくにつれて白く透き通った肌は、ますます美しく見えるもの。

 

ぜひ自分にあった美白化粧品を見つけて、美しく輝ける50代を過ごしてくださいね。

 

50代のシミを消す!《美肌女性》が使っているおすすめ美白化粧品をチェックする→

 

50代の化粧品とシミを消す薬

50代のシミは若い頃にできるシミとは種類が違い、老人性色素斑というシミがほとんどです。老人性色素斑は、加齢によって肌の保水力、皮脂の分泌量が減り、肌のターンオーバーが乱れることでできるシミです。20代では28日前後であるターンオーバーが、50代では40日前後になってしまいます。そのため、紫外線を浴びたことで生成されたメラニンがスムーズに排出されなくなり、濃いシミができてしまいます。50代のシミを消すにはターンオーバーを促すために保湿力の高い美白化粧品などでお手入れし、どうしても化粧品だけでは難しければシミを消す薬を併用して使うことをおすすめします。化粧品だけのお手入れではターンオーバーの日数から考えてもシミが消えるということは考えにくいです。50代になると、保湿効果のある美白化粧品で外側から、内服薬で内側からシミ対策を行うことをおすすめします。市販のシミ治療薬には、良い効果が期待できるものがあります。

ホワイピュアの特徴

50代になると、外側からだけのケアではなく内側からのケアもした方がより効果的にシミを消すことができます。シミ治療薬にはいろいろありますが、ここでおすすめするのがホワイピュアという薬です。サプリメントとは違い、医薬品ですから良い効果が期待できます。

ホワイピュアの総評

メラニンの過剰な生成を抑えて排出させるL-システイン、メラニンの生成を抑え、コラーゲンの生成やビタミンEのサポートをするビタミンC、皮膚や細胞の新陳代謝を促すビタミンB2、肌の健康を保ち皮膚の代謝を促すビタミンB6、紫外線の防御とメラニンの沈着を抑制するビタミンEを配合したシミの薬です。年齢と共に遅れがちになっている肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出させて健やかな肌へ導いてくれます。体の中からケアするため、顔だけでなく首や背中、手の甲などのシミにも効果を発揮します。ただし、医薬品と言っても無理やりシミを消すものではなく、ターンオーバーを促して自然にメラニンを排出させるものですから効果が現れるまでには時間がかかります。数日飲んだだけで効果が出るものではありませんのでその点は理解しておきましょう。目安としては2か月から3か月くらいで効果を実感するものですから、最低でもこのくらいの期間は続けて飲むことをおすすめします。

ビーグレン ホワイトケアの特徴

化粧品でシミを消すことができないかなと思っている50代の女性はかなり多いと考えられます。美容外科でレーザー治療をするとなると費用もかかりますので家でのお手入れで何とかしたいと思うものです。そんな人におすすめなのがビーグレンのホワイトケアです。今までいろんな美白化粧品を使ってみたけれど効果がない、またシミが増えたような気がする、いつもコンシーラーで隠しているという人に使って欲しい化粧品です。

ビーグレン ホワイトケアの総評

ハイドロキノンを独自の方法で浸透しやすくし、より効果的にシミを消していきます。ホワイトケアには洗顔料、化粧水、美容液、夜用クリーム、クリームの順に使うと効果的で、化粧水にはビタミンC誘導体、夜用クリームにはハイドロキノンを配合しているのでシミ消しにはぴったりの化粧品です。年齢を問わず使えますので、50代の人でも安心して使えます。1週間試せるトライアルセットが販売されているので、本気でシミを消したい人は試してみると良いでしょう。きっと効果に満足できます。

page top