30代 美白ケア

30代の美白ケアで大切な紫外線対策。日常で心がけたいこと

10代や20代前半ぐらいだと、特に紫外線対策を意識しなくても、気になるシミが出来てしまうということは意外と少ないものです。しかし30代に入ると、しっかりシミ対策をしているはずなのに、気づいたらシミができたということが起こりやすくなります。これは、肌が紫外線を浴びてからシミというトラブルとして皮膚表面に現れるまでに、長い時間がかかるためですね。5年前や10年前の無防備な日焼けのツケが、30代になって現れていると言っても過言ではないのです。また、今のウッカリが5年後や10年後、アラフォーになった時にシミとなってしまうことを念頭に入れて、毎日の生活では徹底したシミ対策をする事をおすすめします。

 

30代が日常生活の中で意識できる美白ケアはたくさんあります。まず1つ目は、日焼け止めを塗るという作業ですね。夏はもちろんですが、紫外線が弱いと思われる秋や冬にも、きちんと塗って徹底したシミ対策をしましょう。2つ目には、すでに肌の内側にできているシミ予備軍を素早く撃退する美白ケアがあります。美白成分をスキンケアに使ったり、食生活を心がけることによって、作られたシミ予備軍を予備軍のうちに撃退することができます。

 

強いクレンジングはシミの原因に。日焼け止め効果は高くても石鹸で落とせる日焼け止めがいい

30代には欠かすことができない日焼け止めですが、肌への密着力が弱いものだと汗や皮脂と一緒に流れてしまうというデメリットが心配です。一方、ウォータープルーフタイプだと、そうした汗や皮脂はもちろん、マリンスポーツをしても流れないという強力な密着力が期待できますが、水で取れにくいということはクレンジングする際にもそれだけ大変ということでもあります。そのため、マリンスポーツをしたりアウトドアで汗をかくことがあらかじめ分かっている時には仕方ありませんが、普段の生活で毎日強い日焼け止めを使うのは控えたほうが良いかもしれませんね。クレンジングする時にゴシゴシ指でこすると、それが肌への刺激となってメラニン色素が作られてしまいます。せっかく日焼け止めを塗って紫外線対策していても、指でこすってメラニン色素が作られるのでは意味がありませんよね。

 

日焼け止めの中には、紫外線ブロック効果は高くても、石鹸で簡単に落としやすい優秀なものがたくさんあります。普段使いするものは、そうした落としやすいものを選ぶのが良いでしょう。

 

美白ケアのために積極的にとりたい食べ物

美白ケアをするなら、普段の食べ物でも抗酸化作用を持つ成分がたっぷり入ったものを積極的に食べるのが良いでしょう。抗酸化成分にはいろいろなものがありますが、食材に多く含まれているものならビタミンCが充実したものを選びたいですね。野菜なら緑黄色野菜のトマトやニンジン、小松菜、ほうれん草、アボガドなどがありますし、フルーツならキウイやオレンジ、グレープフルーツなども良いですよ。中でもトマトは、ビタミンC以外にもリコピンという抗酸化作用が高い成分もたっぷり含んでいるので、美白ケアには欠かすことができない食べ物と言えるでしょう。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンで、熱にも水にも弱いという性質があります。そのため、こうした食材を加熱調理するとビタミンCは壊れてしまうので、美白ケアとして食べるのなら、できるだけ生食するのが理想的です。

 

ハーブティーもおすすめです。ハーブティーの中でもローズヒップティーやハイビスカスティー、ローズティーなどには、ビタミンCをはじめとする抗酸化成分が多く含まれているので、毎日の水分補給で飲んでいると、日常的に抗酸化ケアによる美白効果を実感できるでしょう。これらのティーには糖分はそれほど入っていないので、水の代わりにハーブティーを飲むというのも良いかもしれませんね。

 

血行促進がメラニンを排出!身体を積極的にあたためよう

血行促進することも、間接的に美白ケアにつながります。全身の細胞は、血液から必要な栄養や酸素を受け取っていますが、血行が悪くなると十分な酸素や栄養を受け取れなくなってしまい、細胞のターンオーバーのバランスが崩れてしまいます。メラニン色素などによってダメージを受けている細胞が、なかなかターンオーバーされずにいつまでも肌の表面に残ってしまうわけですね。しかし血行促進することによって、肌のターンオーバーが正常な状態に近づくと、メラニン色素が自然なターンオーバーによって排出されるので、シミなどの色素沈着系トラブルは少しずつ目立たなくなっていきます。

 

日常生活の中で簡単にできる血行促進方法と言えば、体が冷えないように温めるという方法がおすすめですね。足や手の指先を冷やさないようにできるだけ温めたり、体が温まるものを積極的に食べるなど、体を冷やさないように意識してみてください。

 

日焼けしちゃった日はたっぷりの美白化粧水を使おう

どんなに日焼け対策をしていても、うっかり日に焼けてしまうということはあるものです。そんな時には、素早く美白化粧水を使うことによって、メラニン色素が作られたばかりの段階でさっさと撃退することができますよ。メラニン色素は、作られてそのまま放置すると、定着してしまいますし、そこにさらに紫外線が当たることによってより色が濃くなってしまいます。これは日焼けの肌と同じメカニズムですね。そのため、紫外線に当たって肌が火照っているな、というぐらいで美白化粧水を使うことが、メラニンを素早く撃退することにつながります。

 

美白化粧水の使い方ですが、日焼けしてしまったばかりの時には、まず肌のほてりを除去することが大切なので、美白化粧水をコットンなどにたっぷり乗せてパックをしてあげる方法がおすすめです。もしも肌がヒリヒリして痛い時には、紫外線で肌がダメージを受けているということなので、アロエなど抗炎症作用を持つ成分が入った冷却ジェルなどを使って火照りを取り除き、その上で美白化粧水を使うのがおすすめです。

 

page top