//--------------------------------------------- //文字の開閉 続きを読む //---------------------------------------------

鼻 シミ 消す

鼻にシミが出来やすい原因:日焼け・ニキビ跡・そばかす

 

鼻にシミが出来る原因は、他の部分にできるシミと同じで紫外線を浴びたからだと考えられます。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激します。刺激を受けたメラノサイトはメラニンを生成します。これがシミとなるわけですが、鼻に出来るのは顔の中で一番高い位置なので紫外線をたくさん浴びてしまうからです。鼻にできるシミの種類にはいくつかあって、日焼けによってできるのは老人性色素斑、ケガやニキビ跡などで肌にダメージを受けた後にできるシミを炎症性色素沈着、2ミリから3ミリの小さいシミで、両方の頬や鼻にかけて広範囲にできるそばかすがあります。できてしまったシミを消す方法は、化粧品で保湿と美白対策を練れば良いでしょう。とにかく早く消したいという場合は、病院でレーザー治療を受けるかハイドロキノンを含む外用薬などを処方してもらうかになります。鼻にシミが出来ないようにするには、まず紫外線を浴びないことが大切ですが、日焼け止めも塗りムラがないようにしっかり塗りましょう。

 

 

鼻のシミを消す化粧品成分:ビタミンCとハイドロキノン

 

シミは顔のどこにできても嫌なものです。特に鼻は顔の中で一番高さがある部分ですから他の部分よりもできやすいです。紫外線対策を万全にしていたはずなのに、鼻にシミができてしまったらとにかく目立たないようにするため薄くなるようにお手入れしていきましょう。化粧品で美白対策や保湿をしていくと良いですが、シミを消す効果があるとされるハイドロキノンとビタミンCを含んだ化粧品を使うと良い効果が期待できます。化粧品にもハイドロキノンを配合することができるようになり、これを含んだ化粧品が販売されるようになりました。ハイドロキノンが配合されているのはシミ消しクリームがほとんどなので、それをしっかりシミのところに何度か塗布すると薄くなったり、消えてしまうことがあります。ビタミンCはハイドロキノンほどの効き目はありませんが、還元作用がありますのでシミを薄くすることは可能です。美白化粧品は適量を正しく使うことが大切で、ハイドロキノンを一度にたくさん使うと肌への刺激が強すぎるので注意しましょう。

 

鼻下のシミの原因:主に肝斑

 

肝斑は主に30代から40代の女性に多く発生するシミです。その原因は、女性ホルモンが関係しているのではと考えられています。妊娠中であるとか、ピルを飲んでいる女性に肝斑が多いという結果が出ていますので、女性ホルモンが変化することで発症するシミではないかと推測されます。妊娠中やピルを飲んでいなくてもストレスなどでホルモンバランスが崩れた時も発症しやすいです。高齢者にはほとんど見られず、閉経したら肝斑自体が薄くなります。また肝斑は紫外線の浴びすぎだけでできるものではありません。鼻の下に急にシミができた、紫外線対策は十分していたのにシミが増えてくるような場合は、肝斑を疑ってみましょう。肝斑は、自分の中に原因があるとされるものだからです。このタイプのシミは美容皮膚科などで行うレーザー治療もおすすめできません。肝斑の場合は、レーザー照射をすると症状が悪化して色素沈着を起こしてしまい、シミが消えるどころかかえって黒くなって目立つようになってしまいます。病院でシミの治療を受ける時は、医師にシミの種類をきちんと見分けてもらい、シミに合った治療をするようにしましょう。

 

鼻の下のシミ(肝斑)を消す化粧品成分:トラネキサム酸

 

紫外線が原因でできる一般的なシミと、肝斑とを見分けるのはとても難しいです。医師に診てもらうのが一番確かなのですが、肝斑は鼻の下や頬骨のあたりに左右対称にシミが現れるのが特徴です。輪郭がはっきりせず、広範囲にもやっと広がっているのも肝斑です。美白ケアをきちんとしているのに増えてくるというのも、肝斑の疑いがあります。こういったシミを消すには、トラネキサム酸という成分が有効です。トラネキサム酸の内服薬はとても効果的で、肝斑の治療では第一選択されます。市販薬でもトラネキサム酸配合のシミ消し薬がありますので、試してみると良いでしょう。化粧品の中にも、トラネキサム酸が配合されているものがありますので、一緒に使うようにすると良い効果がみられます。内服薬は数日飲む程度では効き目はありませんので、シミ治療の場合は1か月は最低でも続けるようにしましょう。それで改善されればさらに1か月続けるようにすると十分改善します。十分効果が得られたら一旦薬はお休みしますが、肝斑は改善したと思っていてもまた発症することがあります。その場合は、前の服用から2か月開いていればまた服用することができますのできちんと治していくようにしましょう。日々のお手入れの化粧品は、トラネキサム酸配合のものを使い続けていても問題はありません。

page top