しみ そばかす 消す クリーム

クリームで消えるシミ・消えないシミ

 

一度出来てしまったシミはなかなか消えませんが、美白クリームで消えるシミもあります。

 

美白クリームやスキンケアを使って消えるシミは、色が薄く出来たばかりのシミ、紫外線が影響で出来たばかりのシミ、中年期に出来やすいかんぱん、炎症性色素沈着です。

 

出来たばかりのシミは、表面上の色がまだまだ薄いため、スキンケアで十分消すことが出来ます。クリームでしっかりとスキンケアをすればどんどん薄くなっていきます。紫外線が影響で出来たシミも、入念なスキンケアで消すことが可能です。紫外線が影響のシミは日焼けのようなものなので早い段階でケアを徹底すれば時間はかかりません。
かんぱんは、左右対称に出来る少し特殊なシミです。年齢が原因で出来ますが、かんぱんもクリームなどのケアで消すことが可能です。
炎症後色素沈着は、怪我をしたりにきびが出来た跡に出来るタイプのシミです。何度もターンオーバーを重ねれば少しずつ薄くなっていきますが、クリームでケアをすれば改善も早くなります。

 

しかし、色濃く残っているシミ、盛り上がった状態のシミ、遺伝性のシミはクリームだけでは消すことが出来ません。
シミ対策で大切なのは、シミを見つけたらすぐにケアをすることと、シミが出来る前から対策を行うことです。

 

シミ・そばかす消しクリームで考えられる副作用

 

シミ・そばかす消しクリームは、効果が高ければ高いほど副作用も強くなります。
化粧品として販売されているスキンケアに含まれている成分であればそこまで強い副作用はありませんが、医薬品や医薬部外品分類で売られているスキンケアは、効果が立証されている強い美白成分が含まれているため、副作用が起こる可能性が高くなっています。

 

効果が高い分肌への負担も大きいので、シミ・そばかす消しクリームを使うときは副作用に注意をしましょう。

 

シミ・そばかす消しクリームで起こりやすい副作用が、肌の赤みや炎症です。
肌への負担が大きいため、強い刺激が加わり赤みや炎症が起こる可能性があります。また、効果を早く実感したいからといって強く肌に塗りこんでしまい、炎症や赤みが起こる場合もあるので注意をしてください。

 

効果の強すぎるシミ・そばかす消しクリームを使ったせいで、逆にシミやそばかすが悪化する場合もあります。
美白効果の高いシミ・そばかす消しクリームは、肌内部のメラニン色素を排除する効果があります。その反動で、シミ・そばかす消しクリームを使っている間は紫外線に著しく弱くなってしまい、少しの紫外線でもすぐに日焼けをしてしまいます。だから、普段以上に紫外線対策を万全にしないと、シミやそばかすが悪化してしまいます。

 

また、シミ・そばかす消しクリームの美白効果が高すぎてクリームを使った部分だけ白斑状態になってしまう場合もあります。

 

シミ消し効果の高い成分は、副作用が生じる可能性があるので使うときは十分に注意をしてください。

 

シミ・そばかす取りクリームといえば「ハイドロキノン」

 

シミやそばかす対策に効果的なクリームといえば、ハイドロキノン配合のクリームです。

 

ハイドロキノンとは、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、メラニン色素を作る細胞を減少させる効果を持った成分です。
美白効果の高い成分のほとんどは、メラニン色素の生成を抑える効果しかありません。そのため、これから出来るシミを予防する効果は高くてもすでに出来てしまったシミを予防する効果はそこまで高くありません。

 

一方ハイドロキノンは、メラニン色素をつくる細胞自体を減少させる効果があるので、すでに出来ているシミを薄くする効果も十分に実感できます。
美白効果が知られている成分は沢山ありますが、通常の美白成分の10倍から100倍ほどの効果があるといわれている成分が、ハイドロキノンです。

 

しかし、とても効果の高いハイドロキノンは副作用が起こる可能性が高く肌への負担も大きい成分です。
特にハイドロキノンの配合濃度はとても重要で、市販されているスキンケアに含まれているハイドロキノン濃度は1パーセントから3パーセントが主です。
濃度が高いほうが美白効果、シミ消し効果も高いですが肌への負担も大きいため、3パーセント以上の濃度のハイドロキノンクリームは皮膚科などで処方してもらわなければ使うことが出来ません。

 

市販のハイドロキノン配合クリームはどんどん増えていますが、安全なものを選ばなければ副作用が起こったり肌トラブルが起こる可能性があるので注意をしてください。

 

ビーグレンのハイドロキノンが安全で使いやすい

 

市販のハイドロキノン配合クリームの中でも特におすすめなのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9に含まれているハイドロキノン配合量は1.9パーセントです。ハイドロキノン配合量自体はそこまで多くありませんが、ビーグレンの浸透テクノロジーQuSomeを採用したおかげで、濃度以上の浸透率を感じることが出来ます。ハイドロキノンの濃度自体は普通でも、浸透率が高く安全にハイドロキノンを肌に送り込めるので、市販されているハイドロキノン配合クリームの中でも特に高い効果を得られると評判です。

 

また、QuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノン以外にもβホワイトやTGP2、またヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸といった美容成分が含まれています。
どの成分も肌の明るさを保つ、透明感を高める、肌のくもりを除去するといった美白効果を与えてくれる成分ばかりです。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9を使うことで、しみや色素沈着が目立たなくなり、くすみのない透明感のある素肌を取り戻すことが出来ます。
美白スキンケアは肌が乾燥するという印象がありますが、QuSomeホワイトクリーム1.9は保湿成分も含まれているので、潤いのあるしっとりとした肌を保ったままの美白が出来ます。

 

シミ消し、そばかす消しクリームで何を使っても効果がなかったという人にぴったりなのがQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

しみそばかすを消すクリームってあるの?記事一覧

サエルが「シミ」ができやすい敏感肌に良い理由サエルは、美白効果の高い敏感肌のための薬用スキンケアです。美白効果の高い成分は、肌に刺激が強く敏感肌の人が使いにくいと感じるものがほとんどです。しかしサエルは、敏感肌の方でも安心してシミ対策が出来るように、成分にこだわりを持って作られたスキンケアです。サエルは、乾燥肌や敏感肌のためのディセンシアだけのオリジナル技術と、世界をリードしているポーラ研究所の研...

ビーグレンのシミのトライアルセットの良い口コミ・悪い口コミビーグレンのホワイトケアトライアルセットは、たっぷり7日分を1800円で試すことが出来ます。美白効果が高く、シミ消しにも高い効果を発揮してくれると業版です。そんなビーグレンのシミトライアルセットの口コミを見てみると、良い口コミもあれば悪い口コミもありました。良い口コミを見ると、トライアルだけでもシミが薄くなってくるのを感じた、低刺激でハイド...

page top